ハルカの雑記帳

持病があっても旅行はできる!やりたいことがいーっぱいな30代薄給契約社員のブログ

【台湾新竹の旅】2日目 ローカル鉄道「内灣線」に乗る

新竹2日目の朝、朝食会場がオープンする6時30分には準備を整えて朝食へ

久しぶりに朝食付きのホテルに泊まったのよ!

ガッツリ食べるよ~

f:id:tr-haruka:20191103112738j:plain

早く着きすぎて、人もいないけど準備中に近いのか、まぁ品数はこんなもんかな?というラインナップでした。

 

味は辛かったり、味がない?ものも。

パンとシリアルとコーヒーでお腹を膨らませた感じ。

食べられただけでもありがたいと思います。。。

 

今日は7時38分の電車に乗らなくてはいけないので、急いで部屋に戻って歯を磨いてチェックアウト。

ここでも日本語のできるお姉さんが出てきてくれて、荷物預けもスムーズに完了。

ありがたすぎるw(≧▽≦)w

 

f:id:tr-haruka:20191103113540j:plain

今日は空が真っ青に晴れています。

暑くなりそうな予感。

 

新竹駅の窓口で内灣線の1日乗車券を購入。

ちなみにノートに「内灣線 全票 1日」と書いたら分かってくれました。

 

調べていた内灣線の1日乗車券は95台湾$だけど、なぜだか30%オフの67台湾$で買えた。

日曜日は安いの?何かあるのかよく分からないけどラッキーw

 

f:id:tr-haruka:20191103113744j:plain

駅構内には電車待ちの人が沢山いたけど、ほとんどが台北などの都市に行くのか、確認できた範囲で内灣線に乗車したのは私含めて3人程度…

 

おかげでのんびりと動物のオブジェがあるメルヘンチックな車内から、ボーっと車窓を見つめることが出来ました。

 

北新竹駅以降は田んぼが広がって、のどかな風景が続きます。

しかし、ふと向こうを見ると高層ビルが見えて、このコントラストに驚かされた。

f:id:tr-haruka:20191103114808j:plain

多分、あのビル群のあたりが六家駅(高鐵新竹駅)かな。

 

新竹駅から5駅目の竹東駅でいったん下車。

なお内灣線は新竹から内灣まで直通の列車と、途中の竹中(六家駅方面行)で乗り換えなくてはいけない列車があります。

 

乗り換えするのは大変なのと間違えたら困るので、私は数少ない直通列車に乗車。

 

f:id:tr-haruka:20191110140933j:plain

竹東駅に着くと昆虫のオブジェにお出迎えされる。

他の駅も昆虫やらロボット?などもオブジェがあり、内灣線は何かとコラボでもしているのかな?

 

駅を出たら台湾好行バス、獅山線に乗ります。

事前の情報だと下の写真の赤い車がいるあたりがバス停なのですが・・・

f:id:tr-haruka:20191110141115j:plain

工事中?か何かでバス停が移転しているらしい。

なんとか漢字を読解&別のバスの運転手に、獅山線に乗りたいとアピールしたらバス停教えてくれました。

 

バスはほぼ定刻通りにきて無事乗車。

日曜日だし混雑しているかも!?と思いきや、意外と空いていてバスが苦手な私だけど2人席を1人で使用出来て安心。

 

約20分で北埔老街到着!

 

f:id:tr-haruka:20191110142211j:plain

バス停は大通りのようで、帰りのバス停は反対側。

調べてはあるけど、念のため帰りのバス時刻を記録しておく。

 

さて、北埔老街の地図は持っていないので、GoogleMapを頼りに町歩き開始です!