ハルカの雑記帳

持病があっても旅行はできる!やりたいことがいーっぱいな30代薄給契約社員のブログ

【ポルトガル旅行記】3日目 トマールのキリスト修道院

昨日より格段と寒い><

念のため、お腹にホッカイロを貼ってきて正解!

寒いと凍えながら人気のない街を歩いて修道院を目指します。

 

f:id:tr-haruka:20190302152203j:plain

観光案内所を過ぎたら現れた急な坂道・・・

地面はところどころ凍っている&石畳で滑りやすいので、ゆっくり壁に手を付けながら登りました。

 

入り口には9時前に到着。

駐車場もあるし流石に他にも観光客いるだろうと思っていたら、いたのは1組の家族だけ。

 

のんびりな修道院は9:03にオープン。

結局観光客は増えず、1組の家族と譲り合いながら写真撮影しつつ修道院に向かいます。

f:id:tr-haruka:20190302152528j:plain

建物に入らないで、この庭だけだったら無料なのかな?

 

キリスト修道院 Convento de Cristo

入場料は中部世界遺産の3つの修道院共通券で15€、リスボアカードも使用可。

クレジットカード(VISA、MASTER)のマークがあったので、もしかしたらクレカでチケット購入できるかも。

 

f:id:tr-haruka:20190302153256j:plain

 ↑ 沐浴の回廊。

1983年に世界遺産に登録されたトマールの修道院

テンプル騎士団ポルトガルでのレコンキスタに参戦。その功績に対し騎士団はアフォンソ1世から土地を与えられ、この地に堅牢な城塞を築き、ポルトガルでの拠点とした。

 

f:id:tr-haruka:20190302154139j:plain

この修道院のメインというべき場所がここテンプル騎士団聖堂。

エルサレムの聖墳墓協会に倣い、16角形の聖堂になっており、すぐに戦いに行けるよう騎士たちは騎馬のままミサに参加したという。

 

フラッシュ撮影禁止&壁などに触れることも禁止なので、下手カメラマンの私の写真はほぼブレブレ(ーー;)

観光客が私一人だったからか、近くにいた係員がポルトガル語で聖堂の説明をしてくれました。ほとんど分からなかったけどね(涙)

 

f:id:tr-haruka:20190302155119j:plain

ここは修道士の宿坊。

一つ一つの部屋はこじんまりとしています。

T字路に部屋があって、Tの字が重なる当たりの部屋から中庭を覗くと有名なマヌエル様式の窓が見えます。

 

f:id:tr-haruka:20190302155602j:plain

ポルトガル国旗にも描かれているモチーフとマルタ十字もあり、以前マルタを訪れたこともある十字軍関連史跡が気になる私は大興奮(笑)

十字軍に興味ある方は絶対に訪れるべき場所である。

 


↓ポチッと応援お願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村