ハルカの雑記帳

持病があっても旅行はできる!やりたいことがいーっぱいな30代薄給契約社員のブログ

【ポルトガル旅行記】2日目 ナタとジェロニモス修道院

道路が混んでおらず、予定よりも早く20分弱でベレン地区へ到着。

 

f:id:tr-haruka:20190202095820j:plain

まずは人の少ない修道院の写真をパチリ。

今日は日曜日なので教会ではミサを行っているようです。

 

とりあえず来た道を戻って有名な"あれ"を買いに行きましょう。

 

Pasteis de Belem

ポルトガルの有名な食べ物といえば?

それは日本では"エッグタルト"と言われているパステル・デ・ナタではないでしょうか。

そんなポルトガルで一番有名なパステル・デ・ナタが食べられるのがジェロニモ修道院近くのこのお店なのです。

f:id:tr-haruka:20190202100448j:plain

ジェロニモ修道院から伝えられたという秘伝のレシピを守って作られるナタは大人気で、いつも行列ができている、という話ですが・・・

8時に着いた時には混んでおらず、すぐに買うことが出来ました^ ^

 

私はナタをテイクアウトして修道院に向かいました。

 

修道院に戻って教会の入り口にいた係員にチケット売り場を確認。

 

本当はオンラインで事前購入したかったのですが、調べ始めた時にはオンライン購入できず、問い合わせをしたら現地で買うようにとの回答がきたので、仕方なく朝早くから並ぶ覚悟で来たのでした。

 

係員は英語が苦手なようなで、メモっていたポルトガル語でなんとかチケット売り場を確認。

購入場所は修道院入り口(西門)ではなく国立考古学博物館で買うように指示される。

 

調べていた段階では、国立考古学博物館では博物館と修道院の共通チケットは買える、という話だったけど・・・

半信半疑であったけど買えると分かったから、ナタを食べながら周囲の散策~

 

f:id:tr-haruka:20190202101751j:plain

ナタは中のクリームがかなりトロッとしてて程よい甘さ。

シナモンと粉砂糖をかけてもいいのですが、このままでも十分美味しい。

焼きたてだともっとパイ生地がサクサクしているんだろうな。

 

散策しているとチラホラ観光客らしき人が増えてきたので、混む前にと博物館に向かいました。

 

国立考古学博物館で買えるチケットは3種類

・国立考古学博物館

ジェロニモ修道院

・国立考古学博物館とジェロニモ修道院の共通券

 

チケットは券売機で自分で買うことになり、さらにジェロニモ修道院のみのチケットを購入の場合、発券したあと修道院入り口(西門)に向かわなければいけません。

私が行ったときは9時50分にチケット売り場がオープンしました。

というか、外国人観光客が早く開けるように迫っているようにみえたけど…

 

そして考古学博物館も修道院も、リスボアカードを持っている人は入り口の機械にカードをかざすだけで入れるようでした。

事前情報ではリスボアカード持っていても発券が必要とあったのに、これならカードのほうが便利じゃん!とちょっと後悔。

 

チケットを発券した後、西門に移動しなければいけないことを知らなかった私は、10時まで博物館入り口で待機してしまい時間ロス(汗)

急いで西門に向かってみると行列が見える…

 

でもこの列はチケット購入の列で、すでにチケットを持っている私は並ばずに入場!

f:id:tr-haruka:20190202123821j:image

大航海時代ヴァスコダガマやエンリケ航海王子の偉業を称え、建設された修道院

マヌエル様式の海や貝などをモチーフにした柱やアーチが素敵!!

f:id:tr-haruka:20190203090706j:plain

 こちらは食堂。

 

一通り1階を見学したのだが、なぜか2階に上がれない!?

旅行記などでは2階の回廊から写真撮っとるものがあったから、てっきり登れるものだと思っていたのに、これだけで10€ってかなり高いような。。。

 

しぶしぶ修道院を後にして教会へ。

こちらは入場無料で、信者の方もいるので静かに、そして邪魔にならないように見学しましょう。

f:id:tr-haruka:20190203091101j:plain

 荘厳な教会で、こちらも海のモチーフが使われています。

 

いろんな方のブログ等ではジェロニモ修道院の見学は1時間はかかる、とあったけど1時間もしないで退散!

個人的に修道院より教会の方が楽しかったかな。

 

※追伸、修道院出口近くに無料のトイレあります。 

 


↓ポチッと応援お願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村